ピレネーデオカムラ live 未定

live依頼は pirene_de@yahoo.co.jp まで

単身赴任先は、東京にある実家

平日を過ごす実家。ご飯は出てくるし、洗濯もしてくれる。では居心地はいいかといわれれば、そこは僕の単身赴任先でしかないし、しいて言えば実家「過去」なのだ。戻ってはいけない場所なのだ。

だから痛風になるし、なんだか変な気分なのだ。早く妻と坊やと愛犬たちと一緒に暮らさないと

 

レスターヤングのサックスの響き

に鼓膜を震わせながら、ピレネーオカムラです。電車の中。電車に乗り込む時女性の靴を踏んでしまった。すぐに謝ったが、終始機嫌が悪そうだった。電車の中では機嫌が良い人はあまりいない。俺はレスターヤングを聴いているからとても穏やかだ。

それに機嫌が悪くなるほど暇ではない。時には自身の音楽の事、YouTubeの事、海辺の家族、雑踏都市東京の家族の事で頭が一杯だし、電車の中で赤の他人に不機嫌になる必要などないのだ。

それでも靴を踏んでしまったことは悪かったと思う。その靴は、大切な靴なのかもしれないのだから、「靴を踏んでごめんなさい」という曲ができそうだ。音楽はそんなものだ。日常の中でふとした瞬間に生まれては消える。

スライ&ザ・ファミリー・ストーン

ベストアルバムを聴きながら、帰宅の電車の中。帰りに日暮里工房ムジカに寄って帰る。マイマイクを忘れてしまったのだ。

酒は旨いが怖い。忘れ物はするし、金はなくなる。しばらく酒を控えてliveをしようと思う。しばらくは数日かもしれないが。それてもかまわない。

「宇宙からの帰還」を読み終える

宇宙の話だけかと思いきや、宗教、ビジネス、スピリチュアル、環境、家族、男と女に至るまで隅々まで立花隆によって搾り取られた宇宙飛行士の赤裸々な書物。只読み終えると「宇宙」から地球を観てみたいと心底思える。宇宙バイブルだ!

どんなliveをしても、俺のliveは良い

という気持ちでいることにしました。昨夜は慣れないハイボールをバカスカ呑んでliveをやったが、安定の最高のliveだった。来てくれたお客さんがそう言ってくれたからだ。

だからこの先、どんなliveをしても最高だ!と思うことにします。

 

今はソニー・ロリンズを聴きながら、「宇宙からの帰還」大詰めです。

今夜はオープンマイク

午前中は、音源配信・販売の片腕平くんからもらった音源データを聴きながら、ギターの練習。そしてYouTube編集。これから7月11日発売の音源の内4曲を聴きながら散歩してラーメン食べる予定。

liveのある夜まではゆっくり過ごします。

海にいます

昨夜から海辺に住む家族と過ごしています。

平日は、単身東京で八時間労働と音楽と読書。

土日は、愛犬たちと息子と愛妻と過ごす。

最高に充実しています!今はクライ部屋で息子が寝るのを待っています。